オーガニックコスメは日本産でも気をつけて!

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Print this page
stop
最近では『オーガニックコスメ』という言葉をよく聞くようになりました。

・オーガニック=有機栽培
・コスメ=化粧品
『有機栽培化粧品=オーガニックコスメ』

と思われている方も多いでしょう。
イメージだと、肌にいいんだろうなー。乾燥肌にいいんだよね。詳しい方は、いろいろ種類や効能があることをご存知だと思いますが、今回は日本産と海外産の違いを書いていきます。




1.大事なのは認証を受けているか、いないか。

家電や食品は、日本産がいいっていうのはなんとなくわかりますよね。それって、TVや新聞で海外の物と比較してるのを見て、そう感じているんではないでしょうか。

では、『オーガニックコスメ』について海外のものと比較している番組や雑誌って見たことってありますか。あんまりって方も多いと思います。それには理由があるんです!

日本ではオーガニックコスメっぽいなら、オーガニックコスメと呼べる

実は日本ではオーガニックコスメに関して、配合率や製造方法などちゃんとした基準がないんです。

「ちゃんとした基準がありオーガニックコスメの認証機関まである海外の商品」と比較すると日本産のほうが悪く見えるので、あんまり「海外のものと比較している番組や雑誌」がないんですよね。

オーガニックの材料を栽培しにくく、手に入りにくいから仕方ないんですが。。。
ため息

じゃあ、どれを選べばいいんだ〜

手っ取り早いのは、海外のオーガニックコスメを選ぶことです。最近では日本にもやってきているブランドが多くあるので、このサイトでも紹介してます♪

Vanessa Megan(バネッサミーガン)
Huiles&Baumes(ユイル・エ・ボーム)

これからどんどん紹介していきますので、是非ブックマークしてみてくださいね♪

海外オーガニックコスメがおすすめの理由

海外では、オーガニックコスメとしての基準が厳しいからです。

世界各国に認証機関があって、認められたものにはマークがつけれます。それが、オーガニックコスメ印

この印があるものは、信用していいと思います。

気になる基準は?

認証機関によってバラバラですけど、例として、オーストラリアのACO認証で見てみると。

・農場は最低3年以上農薬を使っていないこと。
・農薬を使わないこと。
・化学肥料は使わないこと。
・肥料を使用する場合は有機肥料のみを使用すること。
・栽培によって環境を破壊しないこと。

厳しい!
これはほんの一部でもっと細かい基準をクリアしないといけません。こうして認証されたコスメって、すごく安心して使えますよね♪

これが、日本と海外の違いです。必ず覚えていて欲しいです!

だけど、日本でも認証はとれる!

あと一つ、覚えていただきたいのは日本でも、海外の認証を受けれる!ということです。

日本産が残念と言ってきましたが、海外のオーガニックコスメ印がついているものもあります。

そういう商品は、信用しても大丈夫♪また、海外の基準と参考にして、独自に審査基準をつくってあるブランドもあります♪

まとめ

オーガニックコスメを使ってみようと思ってる方へ。気をつけることは、簡単です!

・無添加
・自然派、天然由来成分
・オーガニックコスメと書いてある日本のブランド

は、少なからず化学成分が入ってるかもしれません!本当のオーガニックコスメを使ってみたいなら、オーガニックコスメ印を確認しよう!

世界のオーガニックコスメ認証機関では、ロゴマークや世界各国の基準も書いていますので、是非参考にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
少しでも興味が湧いてもらえますように♪

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Print this page

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です