Melvita(メルヴィータ)|フランス発のオーガニック認証コスメブランド

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Print this page
argan
以外と知らない方が多いけど、実はMelvita(メルヴィータ)は、ロクシタングループのフランス発のオーガニック認証コスメブランドです。

ロクシタンはすごく有名ですね♪そのロクシタングループが商品化したものが、Melvita(メルヴィータ)です。


Melvita




1.メルヴィータについて

メルヴィータはフランス発のオーガニックコスメブランドです。

アルガンオイルをはじめとするオイル美容のパイオニアであると同時に、世界中の化粧品で初めてオーガニック認証であるエコサートを取得した企業の1つです。

「生きた自然をそのままに」を理念としながら、世界中からオーガニック植物成分を厳選し、肌へのアプローチを追求した製品づくりをしています。

オーガニックコスメ界の老舗ですね。

メルヴィータの創業者「ベルナー・シュビリア」の言葉

フランスのアルデーシュという手つかずで綺麗な土地の自然の中で1983年にうまれたメルヴィータ。ラテン語で「花の蜜の力」という意味のMelvita(メルヴィータ)は、手つかずの自然の中で育ち、いつも自然と共にありたいと願ってきました。

メルヴィータは、ブランドが生まれてからずっと、自然を表す「季節」をテーマにしてずっと活動してきました。その季節感をもっともっと楽しめるように、12季の旬感を楽しむ毎日を世界や日本の皆様にとどけることがメルヴィータの使命だと思っています。

私は生物学者として、植物は肌にとてもなじみがよく、上手に組み合わせればとても効果があることを知っています。そして自然には人が心を開いて愛でれば答えてくれる、さまざまな顔(多様性)があることも、わかっています。だから私は世界中から900種類にのぼる植物を選んできて、意図をもって組み合わせているのです。また、その優れた品質の保証と、地球への尊敬の念をこめて、ほぼすべての製品にオーガニック認証を取得したオーガニックコスメです。

そんな「オーガニックコスメ」を、約30年の時を経て日本の皆様にこのような形でご紹介できることを、とても光栄に思っています。
生物学者として、「すべての答えは自然の中にある」と信じて始めたこのメルヴィータを通じて、私たちがとても大切にしている「季節」と「オーガニックによる美」を届けることができるようになると思うと、最高に幸せです。

老舗や人気なオーガニックブランドは、そのコンセプトを「自然の中での美」「肌になじむ」としているブランドが多く感じられます。

メルヴィータの歴史

ベルナー・シュビリア兄弟は、手つかずの自然環境がそのまま残る広々とした田園風景で生物学を勉強した後に、1977年フランスのアルデーシュに移り住みました。

その田園地方の真ん中に他から隔絶された農場を開き、そこで養蜂業が彼らの主な仕事となり、その蜂の巣箱の数はおおむね500を越えました。はじめてからまだ間もないころにヌリエル・ベルナーの妻が事業に加わり、1983年に事業の多角化を進め、メルヴィータを設立しました。

蜂の巣から作られた初めての化粧品ラインの開発に成功しました。初めて出した製品は、ヘキサゴナル(六角形)ソープで、これは今日でも重要な主力商品となっています。

シャンプー、バス製品、天然の材料で出来たミルクとクリームが発売され、フラワーウォーターと植物オイルがすぐ後を追って発売されました。

こうしてたったの4人の従業員から始まった新会社は、徐々に成長を遂げ、現在では、従業員数250人を超しています。メルヴィータは、オーガニックコスメトレンドの先駆けとなり2002年にはオーガニック自然化粧品の認証機関であるECOCERT(エコサート)が設立されてからまもなく認証を受けた数少ない企業のひとつです

ベルナー・シュビリアはオーガニック化粧品団体であるコスメビオの前会長を務め、現在は副会長を務めています。

手つかずの自然の中で歩んできた道

ゴルジュ・ド・ラルデッシュにほど近いフランスの奥深い田園風景の中で、メルヴィータは養蜂業を営み、その自然が織り成すロケーションの素晴らしさをそのままに、環境の保全に努めてきました。

製造所はラゴースに位置し、周りの田園風景によく馴染み、その広さはおよそ2ヘクタールを越え、廃液処理システムも独自のものを持っています。

2009年には大掛かりな環境工事を施し、その規模と最大容量を倍増させることに成功しました。このことは、工業規模の大きさに拡大しても地球への配慮を決して忘れないことへの証しとなっています。

2.メルヴィータのオーガニックとは

melvita
1983年以来、メルヴィータはフランス アルデーシュの手つかずの土地でエコサートの基準に適合する天然成分をふんだんに使ったハイクオリティのケア製品を生産しています。

オーガニック製法によるビューティーおよびハイジーン(衛生)ケアにエコサートおよびコスメビオのロゴが押されるものには次の内容が条件となります。

最終製品の95%以上が、天然または天然に由来する成分(水を含む)

植物原料の95%以上がオーガニック栽培によるもの(水、海藻、塩などはオーガニック認証に含まれないために、製品に占めるオーガニック栽培による原料は10%以上が規定)

植物由来成分をふんだんに使用するメルヴィータ製品の大半はこの基準を大きく上回っています。

エコサートのロゴは、認証機関と同一の団体により、原料や容器、ラベル、また製造工場と製造方法にいたるまで、指定基準に則っていること、製品に記載されたパーセンテージが正しいことが認められたものに与えられます。
ninnshou

メルヴィータの品質

メルヴィータは大きな品質および研究開発チームを基盤として、製品を世に出す前に長期にわたる厳しいテストを行っています。そのため、通常でも生産段階に達するまで1~2年かかります。

ボランティアによる安全性試験、または独立した研究所(第三者機関)による、有用性評価試験、使用感の試験を通して、メルヴィータは厳格な耐性試験、防腐試験(安全性のための)を行っています。

製品の抗菌テストを開発中に実施することで、微生物汚染・増殖からの保護の阻害要因をなくすようにしています。またチャレンジテストは保管システムの優秀性を実証しています。製品を代表的な微生物により人工的に汚染させ、28日間にわたり数値を計測し、完全に菌が消滅したことを確認しなくてはなりません。

メルヴィータは全ての新しい製品に対し、チャレンジテストを組織的に実施しています。

3.メルヴィータの人気商品

そんなメルヴィータの人気商品は多数ありますが、一番は「ビオオイル アルガンオイル」です。

メルヴィータのアルガンオイルは、実の品質管理とトレーサビリティを実現し、低温圧搾法による1番搾りのオイルから作られ、化学添加物不使用、非焙煎、非脱臭の品質の高いアルガンオイルです。

特に、洗顔後すぐに使う、化粧水のブースターとしての使い方で人気を集めています

美容成分を豊富に含み、肌の脂質の成分とよく似ているので、角質層のすみずみまでスムーズに浸透し、うるおいあふれる肌に導いてくれます。

ビオオイル アルガンオイルが人気の理由5つ

1.化粧水をごくごく飲みこむような肌へ。
→アルガンオイルは皮脂の成分とよく似ているから、肌への浸透が良く、洗顔後すぐの肌にブースターとして使えば、その後の化粧水のうるおいをぎゅっと抱え込んで、もっちりハリのある美肌へと導きます。

2.手軽にいつものお手入れの最初にアルガンオイルをプラスするだけ。
→普段のスキンケアステップの最初にアルガンオイルをプラスするだけ。洗顔後すぐの肌にお使いいただくと、保水力に富んだアルガンオイルが、その後のお手入れのうるおいを、たっぷり抱え込むための土台へと整えます。

3.数年間雨が降らなくても枯れないと言われる貯水力を持つ木「アルガン」。
→サハラ砂漠の北西部、モロッコに生育するアルガンツリーは、別名「神の恵みの木」と呼ばれる驚異の生命力と貯水力に富んだ木。そんなアルガンツリーの実から採れる希少なオイル*2は、うるおいを抱え込み、美しい肌へと導いてくれます。

4.うるおうだけじゃない!美肌成分も豊富。
→アルガンオイルの特性は、肌に水分を抱えこむだけではありません。肌のうるおいとハリをサポートする、オレイン酸やリノール酸、ステロールなど美肌成分が豊富。キメの整ったふっくらとしたハリ肌へと導き、エイジングケアにも適しています。

5.美容のプロにもファン多数!コスメ賞18冠と3受賞!
→多くの美容家やモデルの方をはじめ、数多くの皆さまに支持されています。

まとめ

tenpo
現在では、約20店舗の直営店もあり、不動の人気を誇っています。一度は使ってみたい商品No.1にもなったりしていますね♪

おすすめな方は、
・美容感度の高い方(特にオイル美容に興味のある方)
・オーガニック志向や品質など健康や安全性に気を使っている方
・海外旅行の好きな方
です。特にそろそろ今使っているものが飽きたり、違うものをと考えている方にはおすすめです。

初めてでも、お肌には低刺激で肌の問題も解決してくれますよ♪

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Print this page

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です